×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットをする前に

現代の若い人たちは、男性女性に関わらず、その多くが今よりもやせたいと思っているのではないでしょうか。テレビや雑誌で見るスマートなモデルさんにあこがれたり、そこで見られる服装がほしいと願ったり、女性は特にそんな夢をいつも抱いています。

日本の女性は世界の中では、やせているという言葉にとても敏感で、他の国の人から見ると決して太っていないようなのに、やせたいと願っていることを不思議に思われているようです。このような女性の声をキャッチして、世の中にはいろいろなダイエット情報が流れていますが、その中には大変危険な方法もあるようです。

美しい姿は、健康的な体にこそ存在するものですが、世に氾濫するダイエットの情報には、大切な何かが欠けてしまっているものも少なからずあるようです。食べれば太ってしまうという脅迫感を持ってしまい、病気になってしまうという話も耳にします。

食べてやせるということは、なかなかできないと思われてしまいがちですが、決して実行不可能なことではありません。まずは、ご自身が本当に太っているのかを調べるために、BMI指数という男女共通の肥満度をもとめる計算式を利用しましょう。

この式は、BMI指数=体重(Kg)÷(身長m×身長m)で計算するもので、これにより客観的に見ることが可能です。肥満度の判断の仕方は、20以下は痩せている人で、24以下は標準、26.5以下はやや肥満、26.8以上は肥満というように判断します。自分のタイプを理解したうえで、それに合ったダイエットの仕方を考えましょう。やせすぎは決して魅力的ではないということを、頭に入れておくようにしましょう。

関連サイト


やせたい人の運動

体脂肪を減らすためには適度な運動が不可欠です。体脂肪を減らす目的で、やせたい人が行う運動は、消費エネルギー量を増やせために行うものではありません。体脂肪を運動をすることだけで減らすのは困難ですが、やせたい人には運動をすることが大変重要になってくるのです。それはまず運動によって筋肉をつけることで太りにくい体をつくることができるからです。

運動をすることで交感神経が刺激されると動きも活発になり、体脂肪が燃焼されやすくなるので、これも利点です。体脂肪を減らすための運動は2種類あって、ひとつは有酸素運動で、これは体脂肪を効率よく燃やすことができ、もうひとつは筋肉を鍛えながら体脂肪を燃えやすくする無酸素運動です。有酸素運動とは、酸素をしっかり取り入れながら、体全体をゆっくりと動かす運動です。

脂肪が燃えるためにはたくさんの酸素が必要になりますが、有酸素運動である水泳やウォーキングは、こういうわけで脂肪燃焼に効果的なのです。最低でも20分以上この運動を続けるのがポイントで、またやせるためには体に筋肉をつけ、太りにくい体にする運動もする必要があります。

そのために有効な無酸素運動ですが、普段運動していない人がこの運動をすると筋肉や関節を痛めてしまいがちです。それで、比較的軽いダンベル運動や筋力トレーニングから始めるようにするといいでしょう。この有酸素運動と無酸素運動ふたるをうまく組み合わせて、ダイエットに活用してみるといいでしょう。


やせる生活習慣

やせるために生活習慣を改善することは大切で、肥満は生活習慣によるものが大きいといわれています。そのことは、親が太っている場合、たいてい子どもも太っているということからもわかります。

太りやすい体質は遺伝するものでもありますが、遺伝による肥満は3割で、あとの7割は実は食事の内容や家庭内の好みによるものなのです。家族がそろって太りやすい生活習慣をしているということが、その事実を裏付けているのです。

やせるためにまずしなければならないことは、自分の食習慣を自己管理することで、自分に悪い習慣がないか、早食い、まとめ食い、間食などのチェックをしてみることが大切です。食事・運動とともに大切なのがこの生活を見直す「行動療法」なのですが、そのためにはまずいつ・どこで・誰と・何を・どのくらい食べたかということを「日記」につけることから始めます。

それにより、食生活に問題があればそれがおのずと見えてくるのです。夜更かしをしたりして夜遅くにものを食べると、胃がもたれて次の朝食事が取れなくなることはよくあることで、それは食事を不規則にさせ、脂肪を蓄えやすくしてしまうので、絶対に避けなければなりません。

普段からできるだけ歩くように心がけることは大切なことで、歩ける距離ならば、乗り物に頼らないようにするといいでしょう。そして普段からさらに体を動かすようにするために、エレベーターを使わずに階段を利用したり、床掃除をしっかりする、というものいいでしょう。

やせるためにはストレスをためることも明らかに悪い影響があり、イライラしてやけ食いに走ったりしないよう、好きな音楽を聴いたり、スポーツで汗を流してすっきりストレス解消ができるような環境を作ることも大切です。やせるための生活習慣を心がける為には、まず自分の生活そのものを振り返って太る原因を取り除くことからやってみるとよいかもしれません。


やせるテクニック

やせるためにダイエットをするとき、そこにはちょっとしたテクニックがあるのです。まずは食事について、1日に計画の中で食事の時間をきちんととっておくと、規則正しい食事を摂ることができるでしょう。忙しさにかまけて食事が摂れない、ということがないように、はじめから時間を考えて行動するといいのです。

朝食の場合は、とくに摂れないという人が多い食事のようですが、まずはヨーグルトとフルーツといった簡単に摂れるものから始めていって、だんだん慣れてきたらご飯もののしっかりした食事へと変えていったらいいでしょう。

運動がなかなか続かない人も多いでしょう。けれども毎日の家事や仕事の合間のちょっとした時間にできるような運動を選べば、それほど負担になることはないでしょう。またちょっとした運動を取り入れるテクニックは、床磨きを雑巾がけにする、バスや電車は座らずに立つ、そして近所へ出かけるときは徒歩で、といったことです。

軽いストレッチなどをテレビを見ながらでも行うと、何もしないよりしっかり運動になります。運動を始めるには徐々に段階を上げることが大切で、はじめから激しい運動をすると疲れて続けにくくなるため、まずは軽めの簡単な運動を選んで始めてみることが長続きするコツになります。

それから、やせたいという思いを持つ仲間同士が集まることで、志気を高めるというのもテクニックのひとつでしょう。たとえば夫婦で一緒にウォーキングをしたり、ひとつの目的を持ったもの同士が一緒に同じ目標に向かって協力し合えることが、そのメリットなのです。やせるためのテクニックは、まずは自分のできることから少しずつはじめ、焦らず無理をせず、長続きさせることがもっとも大切なことといえるかもしれません。


Copyright © 2008 やせるために All rights reserved.
- ホームページSOS -